すべて見る

お仕事を探すすべて見る

Column..介護職のより良い求人を探すなら

介護職のお仕事は今現在、日本の少子高齢化が加速していくにつれ、その需要が増しており、全国的に売り手市場にあると言われています。
来る2025年には、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年であり、人口の約4人に1人が75歳以上という超高齢社会を迎えます。

しかし、仕事の肉体的・精神的負荷が大きいことや、介護技術の難易度の高さ、低賃金を理由にその担い手を志す人は多くなく、介護職の確保は深刻な課題のひとつとなっています。

これからの日本の担い手として、超売り手市場になっている今の段階のうちに、より良い条件の求人を見つけることが賢明な方法だと言えます。また、転職を考えている方なら、今が転職のチャンスと考えても良いのではないでしょうか。

比較的、東京や神奈川といった都心部では、介護・福祉施設が多いため、より働きやすい環境を探したいと思うのなら、都心部を中心として求人を探してみるのも良いかもしれませんね。

Pick Up 求人すべて見る

Column..介護職にも多様な働き方

「人」の問題を抱えている介護業界ですが、性別・経験に関わらず誰にでも門扉が開かれており、自分の頑張り次第で働き方の幅が広がっていく仕事です。

例えば、代表的なのは「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」→「介護福祉士」→「ケアマネジャー」という資格のステップアップ。その他「サービス提供責任者」や「福祉用具専門相談員」といったキャリア、さらにその先「施設長」として運営に携わる道を目指すことも可能です。

これからの自分のキャリアを見つめ直し、視野を広げてみましょう。きっとあなたにピッタリな働き方があるはずです。

新着求人すべて見る

Column..人手不足解消に繋がるか?外国人介護士の受入

現在、医療・介護分野での人材不足を補うためのひとつとして、フィリピン・インドネシア・ベトナムとの経済連携協定(EPA)の枠組みによる外国人労働者の受入が注目されています。しかし、実際の現場では「言葉の壁」や「文化」の違い、受け入れ施設の「教育環境」などが原因でなかなか定着しないという声も挙がっています。

また、「外国人技能実習制度」の枠組みにおいて、新たに対象とする職種を「介護」にも広める方針が政府で議論されています。
技能実習制度は「途上国に対する技術移転」というのが本来の目的ですが、実状は受入機関での「労働者確保」になっているという問題があります。その他、一部受入機関での劣悪な労働環境や賃金の不払い・人権などの解決すべき点が多く存在します。

今後、これらの課題を解消し、受入環境が整った場合には、皆さんの職場にも外国人介護士が就労してきます。
既に、働いている外国人介護士の教育を担当しているかたもいらっしゃるかも知れません。
将来的に介護の現場も、よりグローバルな環境に置かれることが予想されますので、そういった経験を早いうちに積んでおくのもキャリアアップのひとつかもしれませんね。